1. テーマから探す
  2. 生き方(ヒューマンドラマ)
  3. 4コマで「渋沢栄一」〜新紙幣デザイン発表記念 vol.01〜

4コマで「渋沢栄一」〜新紙幣デザイン発表記念 vol.01〜

近代日本経済の礎を築いたといわれる渋沢栄一とはどんな人か?どんな考えをもって生きたのか。その人生と功績を4コマで解説します。

4コマで「渋沢栄一」〜新紙幣デザイン発表記念 vol.01〜

スライド2.jpg

スライド3.jpg

スライド4.jpg

スライド5.png

関連記事

渋沢栄一(しぶさわえいいち)

生没 1840.2.13~1931.11.11 明治・大正期の実業家。武蔵国の豪農の家に生まれ,幕臣をへて明治政府に出仕。パリで学んだ知識をいかし,新貨条例・国立銀行条例など諸制度改革を行う。日本にはじめて合本組織(株式会社)を導入。民間経済界に入ったのちは道徳経済合一説を唱え,第一国立銀行・王子製紙・大阪紡績・東京瓦斯など500社の設立や商業会議所・銀行集会所などの経済界の組織作りに関与し,実業界の指導的役割をはたした。また社会・文化・教育の幅広い分野で社会公共事業に尽力した。国際関係では民間経済外交を積極的に展開し,日・米・中3国が協調できる枠組み作りに奔走した。日米関係委員会・日華実業協会・太平洋問題調査会などの中心的存在であった。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

第一銀行(だいいちぎんこう)

第一国立銀行が,1896年(明治29)の国立銀行営業満期とともに改組して普通銀行として発足。頭取は引き続き渋沢栄一(1916年まで)。1905年には韓国の銀行券独占発行の特権をえて事実上の中央銀行となる(09年に特権を韓国銀行に譲渡)。第1次大戦までは預金量国内一を保ち,その後も三井・三菱・住友の財閥系銀行に伍して五大銀行の一つとして金融界をリードしたが,戦時経済下の軍需ブームのなかで地位を後退させた。43年(昭和18)金融統制強化のなかで三井銀行と合併し帝国銀行を設立したが,第2次大戦後の48年に再分離。64年朝日銀行を合併,71年には日本勧業銀行と合併して第一勧業銀行を設立し,国内最大,世界でも最大級の金融機関となり,その後の銀行合併の先駆となった。さらに2002年(平成14)に富士銀行・日本興業銀行との合併により,みずほ銀行となった。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

帝国ホテル(ていこくホテル)

東京都千代田区内幸町にあるホテル。1890年(明治23)国賓の宿泊に対応するため建築竣工,木骨煉瓦造3階建,60室。渋沢栄一・大倉喜八郎らの発起により有限責任会社として設立。1923年(大正12)F.L.ライトの設計による新屋を完成。関東大震災にも耐えたが,67年(昭和42)取り壊され,正面ロビーなどは愛知県の明治村に移築・保存。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

大阪紡績(おおさかぼうせき)

日本最初の1万錘規模の紡績企業。渋沢栄一らの構想をもとに,25万円の資本金で1883年(明治16)に開業。政府の直接的保護をうけず,華族,政商,大阪・東京の綿関係商などが有力株主となった。設立当初からの技術者山辺丈夫は有名。主力製品を内地用綿糸・輸出用綿糸・輸出用兼営織布と変え,業界の模範的存在だったが,後発の大規模企業の追上げに苦労した。1914年(大正3)に三重紡績に吸収されるかたちで合併,東洋紡績(現,東洋紡)となる。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

編集部おすすめ記事