1. テーマから探す
  2. 社会(世の中のしくみがわかる)
  3. スポーツの歴史からみる「eスポーツとは」〜ゲームはスポーツになり得るか?

スポーツの歴史からみる「eスポーツとは」〜ゲームはスポーツになり得るか?

テクノロジーの進化によって、スポーツは今大きな転換点にあります。象徴的な現象のひとつが「eスポーツ」です。eスポーツの現状を押さえた後、東海大学でスポーツ史、スポーツ人類学を研究する松浪稔教授への取材をもとに、「eスポーツはスポーツになり得るか?」を考えていきます。

世界のeスポーツマーケット

前述の通り、2018年時点でeスポーツの観客数は3億8000万人(Newzoo社)、2021年には5億5700万人にまで増えると予測されています。
これだけ大きな規模のスポーツであり、エンタテインメントなので、世界市場の規模も相当なものになります。Newzoo社によれば、2018年の市場規模は9億600ドル、2021年には16億5000ドルになります。

newzoo.png

Newzoo社のレポート

eスポーツのビジネスは、試合の放映権などメディアライツ、広告、スポンサーシップ、ゲームそのものの代金などで支えられています。大会では大きなお金が動き、優勝賞金が億円単位になることも珍しくありません。過去には、優勝賞金20億円という大会も開催されました。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

編集部おすすめ記事