1. 日露通好条約(にちろつうこうじょうやく)

日露通好条約(にちろつうこうじょうやく)

日露和親条約・下田条約とも。日本が米・英に続いてロシアと結んだ和親条約。1855年2月7日(安政元年12月21日)ロシア使節プチャーチンと下田で調印。日米和親条約と大きな違いはなく片務的最恵国条款も同様にあるが,双務的な領事裁判権を規定した点に特徴がある。また択捉(えとろふ)島とウルップ島の間を国境とし,樺太は国境をわけず従来どおりと規定した。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう