1. Douglas MacArthur(マッカーサー)

Douglas MacArthur(マッカーサー)

生没 1880.1.26~1964.4.5 アメリカの陸軍元帥。日本占領の連合国軍最高司令官。アーカンソー州生れ。1903年陸軍士官学校を首席で卒業,30年史上最年少の50歳で参謀総長に就任。35年フィリピン軍事顧問。41年現役復帰し,新設の米極東軍司令官として第2次大戦の対日戦を指揮。45年(昭和20)8月連合国軍最高司令官に就任,日本占領政策を遂行,「青い目の大君」の異名をとる。朝鮮戦争の作戦指導のあり方をめぐりトルーマン大統領と対立,51年4月解任された。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう