1. 前田青邨(まえだせいそん)

前田青邨(まえだせいそん)

生没 1885.1.27~1977.10.27 大正・昭和期の日本画家。岐阜県出身。本名廉造。1901年(明治34)梶田半古(はんこ)に入門し,紅児(こうじ)会に参加。14年(大正3)再興日本美術院同人となり,小林古径(こけい)・安田靫彦(ゆきひこ)とともに院展三羽烏として活躍。22年渡欧。37年(昭和12)帝国芸術院会員,51年東京芸術大学教授となる。55年文化勲章受章。法隆寺金堂壁画再現模写や高松塚古墳壁画模写に従事した。作品「洞窟の頼朝」「お水取」。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう