1. 前島密(まえじまひそか)

前島密(まえじまひそか)

生没 1835.1.7~1919.4.27 明治・大正期の官僚・政治家・実業家。男爵。越後国生れ。旧姓上野。洋学を学び全国を周遊し,幕臣前島家を継ぐ。1869年(明治2)明治政府に仕え,イギリス留学をへて,71年駅逓頭(えきていのかみ)となる。駅逓局長・駅逓総監を歴任し,近代的な郵便事業の確立に尽力。国字・国語の改良を説き,漢字廃止論を唱えた。明治14年の政変で官を辞し,翌年大隈重信を党首とする立憲改進党の結成に参加。民間にあって東京専門学校校長・関西鉄道社長を務めたが,88年官界に復帰して逓信次官となり,電話事業の開設にあたった。晩年は貴族院議員。鉄道・海運事業にも貢献した。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう