1. 無教会(むきょうかい)

無教会(むきょうかい)

内村鑑三によって創唱された福音的キリスト教の日本的志向を無教会主義といい,1901年(明治34)3月「無教会」第1号で明文化された。内村門下の塚本虎二は,内村の主張を論理的に徹底させた。内村は「聖書之研究」を発行し教友と弟子を育てたが,その死とともに集会は解散,雑誌は廃刊。1992年(平成4)現在,無教会の集団である教友会は北米・中南米まで含めて約40を数える。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう