1. 西・ローゼン協定(にし・ローゼンきょうてい)

西・ローゼン協定(にし・ローゼンきょうてい)

1898年(明治31)4月25日,東京で西徳二郎外相とローゼン駐日ロシア公使が調印した韓国に関する日露協定。韓国の独立と内政不干渉,韓国への顧問などの任命につき事前に協議することなどを相互に約し,またロシアは韓国における日本の商工業の発展などを承認することなどを規定した。これにより日本はロシアの旅順・大連租借を認めるかわりに,韓国に進出する足場をえた。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう