1. 斎藤氏(さいとうし)

斎藤氏(さいとうし)

中世の武士。藤原利仁(としひと)の子叙用(のぶもち)が斎宮頭に任じられ,斎藤氏を称したのに始まるという。中世,子孫は北陸地方中心に諸国で繁栄し,越前国を本拠とした疋田(ひきた)斎藤氏からは鎌倉・室町両幕府の奉行人を輩出。同じく越前国を根拠とした河合斎藤氏は,室町時代に美濃国守護土岐氏の守護代となり,妙椿(みょうちん)や妙純らが活躍したが,その後家宰長井氏が実力をのばし,さらに長井氏に仕官していた西村新左衛門尉の子が国を奪って斎藤利政(道三)と称した。しかし,その孫竜興(たつおき)のとき織田信長に美濃国を追われた。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう