1. 土岐頼芸(ときよりなり)

土岐頼芸(ときよりなり)

1501〜82.12.4 戦国期の武将。美濃国守護。1535年(天文4)頃,斎藤道三に擁立され,土岐二郎にかわって守護となった。以後二郎およびこれを援助する朝倉氏・織田氏などと戦うが,52年頃,道三に追放され,近江国六角承禎を頼った。82年(天正10)美濃に帰ったがまもなく死没。 (山川 日本史広辞典, 1997年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう