1. ヤジロウ

ヤジロウ

生没 ?~1551? アンジロー・弥次郎とも。日本人最初のキリシタン。薩摩国生れ。貿易商だったらしいが,殺人の罪を犯し,ポルトガル商人アルバレスに助けられ出奔。1547年マラッカでザビエルに出会い,インドのゴアの聖パウロ学院で学ぶ。48年5月受洗してパウロ・デ・サンタ・フェと称す。49年(天文18)ザビエルとともに鹿児島に上陸し,通訳・案内役を勤め,教理書を翻訳。ザビエルはヤジロウと出会って日本伝道を志したという。のちに再び出奔し,寧波(ニンポー)で殺害されたと伝えられる。 (山川 日本史小辞典(改訂新版), 2016年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう