1. アウグストゥス(オクタウィアヌス)

アウグストゥス(オクタウィアヌス)

Augustus (Gaius Julius Caesar Octavianus) 前63~後14(在位前27~後14) 古代ローマの初代皇帝。母はカエサルの姪。カエサルの養子。本名はガイウス・オクタウィウス。カエサル暗殺後,オクタウィアヌスと改名した。前43年にアントニウス,レピドゥスと第2回三頭政治を成立させ,カエサル暗殺者を撃破した。さらにレピドゥス失脚後,前31年にアントニウスをアクティウムの海戦で破り覇権を握った。前28年元老院の第一人者(プリンケプス)の称号を受け,さらに前27年アウグストゥスの称号を元老院から得,君主支配を始めた。その統治は元首政(プリンキパトゥス)と呼ばれるが,名目上は共和政,実質上は帝政であった。内乱後の秩序の回復に努め,ローマ市の装いを新たにし,属州統治に力を尽くすなど内政の充実を図り,「ローマの平和」の時代をもたらした。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう