1. 中華民国国民政府(ちゅうかみんこくこくみんせいふ)

中華民国国民政府(ちゅうかみんこくこくみんせいふ)

①〔大陸〕中国国民党指導下にあった政府。孫文死後の1925年7月,中国国民党広州に最初の国民政府を組織した。主席は汪兆銘(おうちょうめい)で,集団指導体制をとる。その後国民党内は左派と右派に分裂し,左派は中国共産党とともに27年1月政府を広州から武漢に移した。一方,国民党内の反共勢力は,同年4月蒋介石(しょうかいせき)四・一二クーデタを断行させ,南京にもう一つの国民政府を組織した。成立当初の主席は胡漢民(こかんみん)。この状況下,国共は分裂し,武漢政府は解消した。蒋介石は国民革命軍総司令として,28年6月北伐を完成。南京国民政府は全国を統一し,孫文の建国大綱に従い訓政を開始した。蒋介石は孫科(そんか),汪兆銘など党内の対抗勢力によって指導権の確立を阻まれるが,しだいに権力を掌握し,37年7月日中戦争が勃発すると,第2次国共合作を成立させ,抗戦の総指揮をとった。国民政府は日本軍の侵攻の激化により,37年11月,南京から重慶への遷都を通告。日中戦争勝利後の46年5月南京に還都。国民政府は47年12月から中華民国憲法を施行し,憲政時期へと移行する。翌年国民大会が開催され,5月蒋介石が正式に中華民国総統に選出された。その後は中華民国政府が正式名称となる。共産党は国民大会の正当性を認めず,その後も国民政府の名称を使う。②〔台湾〕国共内戦に敗れた国民党政権は1949年,台湾に中華民国中央政府を移転し,台北を臨時首都とした。移転後も「大陸反攻」を呼号,全中国を代表する正統政権と主張し,全中央政府機構を台湾において維持,大陸地区選出の国会議員は非改選としたため万年議員化した。他方,台湾社会に定着するため農地改革や地方公職選挙を実施した。60年代,輸出指向的経済発展政策に転換,経済成長で本省人(ほんしょうじん)中間層が台頭,民主化要求が高まった。蒋経国(しょうけいこく)は中華民国が国際的に孤立するなか,政治面での台湾化政策に転換,その後継の李登輝(りとうき)は国会の全面改選や総統直接選挙を実施,中華民国の台湾化を果たした。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう