1. チェーザレ・ボルジァ

チェーザレ・ボルジァ

Cesare Borgia 1475~1507 教皇アレクサンデル6世の庶子。ボルジァ家の出身。1492年バレンシア大司教,93年枢機卿,98年教皇使節としてフランス王ルイ12世に使し,その信任を得る。ナヴァラ王の妹と結婚,ヴァレンティノワ公と称する。教皇領の拡大に努め,ロマーニャ地方を征服したが,父教皇の死後,新教皇ユリウス2世に捕えられスペインに送られた。1506年ナバラで戦死した。残忍な性格ではあるが学芸を愛護し,ルネサンス君主の典型ともみなされた。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう