1. 地域史(ちいきし)

地域史(ちいきし)

文字どおり地域の歴史ではあるが,たんなる好事的な郷土史研究や,偏狭な部分的個別研究ではない。19世紀以来の合理主義的歴史像ないし歴史概念を,事実関係の総合的再認識を積み重ねることによって再吟味する志向を持つものであり,史料にもとづく歴史学を中心に歴史補助学と呼ばれる諸科学の個別的成果を総合し,もって「個別を通じて全体へ」を目標とするものである。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう