1. エグモント

エグモント

Lamoral Graf von Egmont 1522~68 ネーデルラントのフランデレンの政治家,軍人。フランスの対スペイン戦争(1557~59年)に参加して,フランスを大敗させた。スペインの圧迫が加わると,これに反抗してネーデルラントの独立を図ったが,67年捕えられて処刑された。これがオランダ独立戦争の導火線となる。ゲーテの悲劇『エグモント』の主人公。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう