1. エクアドル

エクアドル

Ecuador 南アメリカ太平洋岸の北アンデス地方にある共和国。先スペイン期に,海岸と高地に発達していた首長制社会は,15世紀後半インカの支配下に入った。スペイン人征服者のベナルカサルがインカを破って,1534年キート市を建設。植民地時代にはペルー副王領に属し,キートのアウディエンシアの統治下にあった。1822年スクレがピチンチャの戦いでスペイン軍を破ったあと大コロンビアに属したが,30年離脱して独立した。地主,教会に支持されたガルシア・モレーノの独裁政治(1861~75年)に代表される高地の保守派と,カカオ,バナナなどの国際市場向け作物の生産が中心の海岸グアヤキル地方の自由主義派との争いは,その後長期にわたって続いた。1970年代にアマゾン低地で石油ブームが起こり,国の経済に大きな影響を与えた。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう