1. 衛氏朝鮮(えいしちょうせん)

衛氏朝鮮(えいしちょうせん)

前190頃~前108 前2世紀初め燕の亡命者衛満(えいまん)が箕子(きし)朝鮮の王箕準(きじゅん)の信を得,国を奪って王険(倹)(おうけん)城(平壌(ピョンヤン))を中心に建国。孫の右渠(うきょ)のとき漢の武帝に滅ぼされ,その後に楽浪郡などの4郡が設けられた。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう