1. 英印円卓会議(えいいんえんたくかいぎ)

英印円卓会議(えいいんえんたくかいぎ)

The Round Table Conference サイモン委員会の報告を受けて,将来のインドの地位を論議するために,イギリス政府がロンドンに召集した会議。1930年から32年にかけて三つの会期に分けて開かれた。あらゆる政治勢力を代表させるという名目で,インドから数十人もの代表が招かれた。サイモン委員会ボイコットの不服従運動を展開していたインド国民会議派は,第1回目の会議に参加しなかったが,第2回目の会議には,自治領の地位を獲得する可能性が出てきたとしてガンディーが参加した。しかしイギリスからはなんら譲歩を引き出すことができず,不服従運動を退潮させるだけに終わった。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう