1. プロレタリア文化大革命(プロレタリアぶんかだいかくめい)

プロレタリア文化大革命(プロレタリアぶんかだいかくめい)

1966年から76年までに中国で展開された政治権力闘争。文革はその略称。大躍進運動の挫折後に,劉少奇(りゅうしょうき)らの実務型指導者は主導権を持ち,政策の調整を断行したが,毛沢東はそれを「修正主義」「資本主義の復活」と受けとめ,66年5月に文化大革命を発動し,実権派から政治権力を奪い,政治の流れを社会主義の道へ取り戻そうとした。69年の9全大会までは文革の第1段階で,毛沢東は江青(こうせい)夫人らの左派グループと林彪(りんぴょう)らの軍人グループを支持基盤とし,大衆を動員して中央と地方の実権派を失脚させた。9全大会から71年までは文革の第2段階で,毛沢東は林彪グループの台頭と権力への野心に対し,警戒心を強め,牽制と反撃に出た。林彪は71年9月に毛沢東の暗殺を試みたが,失敗した。林彪はソ連への亡命途中に飛行機の墜落で命を落とし,側近たちが粛清された。その後,76年9月までが文革の第3段階で,毛沢東は林彪事件後,古参指導者の部分的な復活を認めた。しかし,政治路線や権力の主導権をめぐって,古参指導者と「四人組」との政治対立が繰り広げられた。76年9月,毛沢東が死去。党中央副主席の華国鋒(かこくほう)と葉剣英らの軍指導者は協力し,「四人組」を逮捕し,文革を終結させた。80年,党中央は歴史決議を採択し,長期にわたって中国社会に混乱をもたらし,国家建設を挫折させ,人民に損害を与えたものとして,文革路線を徹底的に否定する方針を打ち出した。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう