1. フィリキ・エテリア

フィリキ・エテリア

Filiki Eteria オスマン帝国からのギリシアの独立を目的とした秘密結社。1814年,ロシア帝国の黒海沿岸都市オデッサで3人のギリシア商人が結成した。フリーメーソンの影響が色濃く,組織は総司令官アルヒを筆頭とする位階制にもとづいた。ロシア帝国が結社を支持しているとの噂を背景に,会員数は独立戦争直前には約1000人に達した。20年に元ロシア軍副官のギリシア人イプシランディスが総司令官に就任し,具体的な蜂起計画が立てられ,21年ギリシア独立戦争の口火を切った。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう