1. パフラヴィー2世(パフラヴィーにせい)

パフラヴィー2世(パフラヴィーにせい)

1919~80(在位1941~79) スイスなどで教育を受けたのち,1941年,英露の強制により退位した父レザー・シャーのあとを受け即位。61年以降の白色革命など開発独裁政策を断行。79年イラン革命に際して出国し,エジプトで病死。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう