1. バスク地方(バスクちほう)

バスク地方(バスクちほう)

ピレネー山脈西部の山麓地帯を中心にフランスとスペインにまたがる地域。スペイン側はアラバ,ギプスコア,ビスカヤ,ナバラの4県。フランス側はピレネー・アトランティック県のなかのラブール,バス・ナヴァール(低ナバラ),スールの3「地方」。非インド・ヨーロッパ語のバスク語を有し,バスク人はみずからを「エウスカルドゥン(バスク語を話す人)」と呼ぶ。バスクの諸地域は,12世紀から16世紀にかけてカスティリャ王権,スペイン王権,フランス王権に併合されていくが,フランス側はフランス革命まで,スペイン側は1876年まで地方特別法を維持。現在,スペイン側ではアラバ,ギプスコア,ビスカヤはバスク自治州を,ナバラは単独で自治州を構成している。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう