1. ホンタイジ

ホンタイジ

Hong Taiji 皇太極 1592~1643(在位1626~43) 清朝の第2代皇帝,廟号は太宗。ヌルハチの第8子。群臣に推され諸兄を越えてハン位につく。天聰(てんそう)と改元。ヌルハチ創業のあとを受け,清朝の基礎を築く。1635年内モンゴル平定のときに大元伝国の玉璽(ぎょくじ)を得,翌年国号を大清と改め,崇徳と改元して文物制度を整えた。以後朝鮮を従え,明を脅かしたが,中国本土進出の前年に没した。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう