1. ホメイニー

ホメイニー

1902~89 イランのイスラーム法学者,政治家。1963年,アメリカへの従属と強引な近代化を進めるパフラヴィー2世を批判し,国外追放されイラクに移る。71年,イスラーム法学者による統治を主張する「ヴェラーヤテ・ファギーフ」論を発表,国外から反国王運動を指導し,79年のイラン革命の成功により最高指導者に就任。以後89年の死まで革命のカリスマ的指導者として活動した。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう