1. ボアズキョイ

ボアズキョイ

トルコ共和国の首都アンカラの東約200km,ヨズガットの北西にある小村。アナトリア最古の大国家ヒッタイト王国の遺跡。考古学的な発掘により,古都ハットゥシャの石造城砦,城門址,王宮址,神殿址が明らかとなり,さらに出土した楔形文字・象形文字粘土板の解読の結果,ヒッタイトに関するさまざまの史実が明らかにされた。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう