1. イスラーム世界(イスラームせかい)

イスラーム世界(イスラームせかい)

ムスリムが住民の多数を占めていたり,イスラームにもとづく統治が行われていたりすることなどにより,イスラームが卓越した影響力を持つと考えられる地域のこと。7~8世紀に西アジア・北アフリカを中心として成立し,のちに中央アジア,南アジア,東南アジア,ヨーロッパの一部などにひろがった。イスラーム信仰を共有しつつも,うちに多様性を秘めている。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう