1. カエサル

カエサル

Gaius Julius Caesar 前100~前44 古代ローマの将軍,政治家。名門の出。前69年財務官,前63年大神官(終身),前62年プラエトル就任。前60年ポンペイウス,クラッススと結んで第1回三頭政治を始め,前59年コンスルとして国有地分配法案を提出した。前58~前51年にはガリアを平定し,アルプスの北をローマの版図に入れたため,西欧内陸部がローマ文化圏に繰り入れられた。前49年ポンペイウスと衝突してこれを倒した。前46年には10年任期のディクタトルに就任し,前44年これを終身とした。救貧,植民事業や太陽暦の採用などの諸改革を行ったが,権力を一身に集めたため共和政擁護者のブルトゥス,カッシウスらに暗殺された。彼の開拓した道を養子オクタウィアヌスが受け継いで帝政を開いた。文人としても優れ,『ガリア戦記』『内乱記』の史書を残している。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう