1. キウィタス

キウィタス

civitas 古ゲルマン国家に対するローマ人の呼称。『ゲルマニア』には50以上の名があげられている。王政と貴族共和政のいずれもが,民会の決議を原則上国家の最高意志としていた。反面家柄尊重の風が強く,貴族支配の傾向が著しい。民族移動期に崩壊して部族国家へ移行した。なお初期中世の都市のうち,特に司教都市の呼称にもキウィタスが用いられた。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう