1. 偽イシドール文書(ぎイシドールもんじょ)

偽イシドール文書(ぎイシドールもんじょ)

Pseudo-Isidore Decretals 9世紀中頃不詳の作者によって編纂された教令集。7世紀に実在した大司教イシドルスと5世紀のメルカトリウスの名をつけて呼ばれ,中世全般を通じて真実のものと信用されていたが,15世紀以後ニコラウス・クザーヌスらによって偽作であったことが証明された。内容の3部中第2部を除き第1,第3部に100以上の偽教令を含み,教皇権の擁護と教会法の統一を目的としてつくられた。ローマ皇帝の譲歩を示したとされる「コンスタンティヌス帝寄進状」などが含まれる。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう