1. クビライ

クビライ

Khubilai 忽必烈 1215~94(在位元皇帝1271~94,モンゴル帝国皇帝1260~94) 元の初代皇帝,モンゴル帝国の第5代皇帝。廟号は世祖。チンギス・カンの孫。兄のモンケ(憲宗)のとき大理(だいり),チベットを服属させた。兄の死後開平府(上都)で即位し,アリク・ブケの乱を平定して,都を大都に移し(1264年),1271年に国号を元と称した。79年南宋を滅ぼして中国を統一し,高麗(こうらい),安南,ビルマ,ジャワを従え,日本征服を計画した。中国的官制の採用,統一通貨の発行など中国王朝化を図ったが,モンゴル人の優遇,モンゴル語の公式使用,モンゴル兵制の施行など,モンゴル的制度の存続にも努めた。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう