1. グイスカルド

グイスカルド

Roberto Guiscardo 1015頃~1085 ノルマンディ出身のアプーリア公。1047年頃イタリアへ渡り,兄弟たちとともにビザンツ帝国領イタリアの征服活動を行った。57年にノルマン人たちの首領となり,59年にはアプーリア公となる。71年,ビザンツ帝国最後の拠点バーリを陥落させ,その後,ベネヴェント侯国,サレルノ侯国,アマルフィ公国を吸収し,南イタリアの大部分を支配下に置いた。叙任権闘争では,教皇グレゴリウス7世を支え,神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世と敵対した。81~82年,84~85年の2度にわたってビザンツ帝国への遠征を行ったが,2度目の遠征の途中,ケファレーニア島で没した。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう