1. マイソール戦争(マイソールせんそう)

マイソール戦争(マイソールせんそう)

18世紀後半の南インドの雄マイソール王国と,しだいに勢力を増大してくるイギリス東インド会社との間で,4次にわたって(1767~69年,80~84年,90~92年,99年)戦われた戦争。マイソール王国は,二人の名君ハイダル・アリーとティプー・スルタンのもとで,軍隊の近代化を進めるなど富国強兵策をとっていたが,マラーター同盟とハイダラーバードのニザームという,当時のインドの二大勢力と協力関係を築くことができず,ついに敗北した。これにより南インドの植民地化は決定的となった。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう