1. 名誉革命(めいよかくめい)

名誉革命(めいよかくめい)

Glorious Revolution 1688~89年に起こったイングランドの革命。ジェームズ2世の国王大権の乱用とカトリック支持の姿勢が国民の不安を高めていた時点で,皇太子誕生の知らせがあり,議会のトーリ党,ホイッグ党の両派が提携して,国王の長女メアリ(メアリ2世)とその夫でオランダ総督オラニエ公ウィレム(ウィリアム3世)に武装援助を要請。1688年11月イングランドに上陸したウィレムに対してジェームズは抵抗できずに亡命。議会はメアリ2世とウィリアム3世の両人を共同君主とすることにし,二人は議会の提出した権利の宣言を認めて89年2月即位,その後,権利の宣言をもとに権利の章典を制定し,立憲君主制の基礎を固めた。この革命がイングランド国内では無血のうちに達成されたのをうけて,この呼称で呼ばれるようになった。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう