1. 毛沢東(もうたくとう)

毛沢東(もうたくとう)

Mao Zedong 1893~1976 中国革命と中華人民共和国の最高指導者。湖南省湘譚(しょうたん)県の人。1921年の中国共産党創立大会に出席。農民運動に従事するなかで,中国革命の実現には中国的特色を重視する必要があることを認識し,圧倒的多数の農民が居住する「農村によって都市を包囲する」,いわゆる「農村工作重点主義」の革命戦略を推進した。一時は失脚したが,34年に国民党の包囲作戦から脱出する長征の途上で党の実権を掌握した。党主席として権力を握るとともに,「毛沢東思想」を党規約に明記することによって権威も確立した。49年の建国後は党だけでなく,国家主席も兼任し,国家の最高指導者であり続けた。しかし「大躍進」など性急な革命の失敗により,59年に国家主席を辞任した。ところが,66年には権力奪還をめざして文化大革命を発動した。その結果,「造反有理」のスローガンを掲げて党組織自体を機能不全に陥れ,多くの国民を10年間にわたる「悲惨な内乱」に巻き込んでしまった。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう