1. オイラト

オイラト

Oyirad モンゴル系の遊牧民。西モンゴル人とも呼ばれ,トルグート,ホシュート,チョロス,ドルベドなど複数の部族からなる。モンゴル国西部,中国西北部,ロシア連邦カルムィク・タングチ共和国などに分布する。13世紀にはイェニセイ川上流にあってモンゴル帝室と通婚した。15世紀に強大化してハーンの勢力をしのぎ,エセンが出て一時全モンゴルを統一した。その後モンゴルのダヤン・ハーンやアルタン・ハーンに討たれ,一時衰えた。17世紀前半に各地に発展し,トルグート部がロシアに移住しカルムィクと呼ばれ,またホシュート部が青海地方に移住して青海ホシュートと呼ばれた。17世紀後半にはチョロス部のガルダンがホシュート部から支配権を奪い,ジュンガルと称した。1757年清朝に征服された。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう