1. 劉邦(りゅうほう)

劉邦(りゅうほう)

Liu Bang 前247~前195(在位前202~前195) 前漢の初代皇帝。廟号は高祖。江蘇省沛(はい)県の人。中流農家に生まれる。家業に励まず,遊侠の徒と親交を結び,泗水(しすい)の亭長(警史)となる。前209年陳勝・呉広の乱に続いて挙兵,優れた人間的包容力をもって配下に人材を集めた。前206年,項羽に先んじて関中に入り秦を滅ぼしたが覇権は項羽が握り,彼は漢中(陝西(せんせい)省南部)の王となった。ついで項羽と争い,前202年の垓下(がいか)の戦いに勝って天下を統一した。彼の国家統治は秦の官制,法治主義を受け継いだが,漸進的集権化を図って郡国制をしき,一方匈奴(きょうど)に対しては消極策をとりつつ,漢帝国の基礎確立に努めた。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう