1. 劉備(りゅうび)

劉備(りゅうび)

Liu Bei 161~223(在位221~223) 三国の蜀漢(しょくかん)の建国者。諡は昭烈帝,字は玄徳。_(たく)(河北省_州市)の人。漢の後裔と称する。黄巾(こうきん)の賊を討って勢力を得,荊州(けいしゅう)で諸葛亮(しょかつりょう)を得て参謀とした。孫権(そんけん)と同盟して曹操(そうそう)を赤壁の戦いで破り(208年),蜀を平定して魏,呉とともに天下を3分した。221年後漢を継ぐと称して成都で帝位につき,漢と号した。呉に奪われた荊州回復の陣中で没した。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう