1. リヴァイアサン〔ホッブズ〕

リヴァイアサン〔ホッブズ〕

Leviathan ホッブズの主著。ピューリタン革命中の1651年刊行。政治思想史上初めて人間の自然権を基礎に社会契約による国家の設立を説いたが,個々人の自然権の恣意的な行使は「万人の万人に対する闘争」を生むとして,国家(リヴァイアサン)への服従を主張した点は,その後の社会契約説と異なる。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう