1. サッチャー

サッチャー

Margaret Hilda Thatcher 1925~ イギリスの首相(在任1979~90)。中流階級の出身でオクスフォード大学に学び,1959年下院に初当選。75年女性で初めて保守党党首に選ばれ,79年の総選挙に勝って組閣。戦後の福祉国家体制を批判して自由主義経済政策への転換に政策の重点を置き,82年フォークランド戦争に勝って,翌年の総選挙に大勝し,第2次内閣をつくる。国民に自助努力を訴えて,労働組合に激しい攻撃を加え,「小さな政府」を目標にして,国有産業の民営化を進め,ロンドン株式市場を変革(ビッグ・バン)した。87年の総選挙にも勝って,第3次内閣を組閣したが,ヨーロッパ統合に懐疑的な立場をとり,またすべての住民に対する均等課税を企てたため,しだいに孤立し,90年の党首選挙で十分な支持が得られずに辞任した。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう