1. 太宗〔唐〕(たいそう)

太宗〔唐〕(たいそう)

Taizong 598~649(在位626~649) 唐の第2代皇帝。姓名は李世民(りせいみん)。高祖(李淵(りえん))の第2子。隋末の乱に父にすすめて挙兵し,父の即位後尚書令,中書令を兼ねた。またその功をねたんだ皇太子建成(けんせい),弟元吉(げんきつ)を殺し,父の譲位を受けた。ついで天下の統一を完成し,突厥(とっけつ),西域諸国などを征服し,律令政治を整備し,唐朝の基礎を定めた。房玄齢(ぼうげんれい),杜如晦(とじょかい),李靖(りせい),李勣(りせき)らの名臣,名将を用い,その治世は貞観(じょうがん)の治と呼ばれる。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう