1. ドイツ共産党(KPD)(ドイツきょうさんとう)

ドイツ共産党(KPD)(ドイツきょうさんとう)

Kommunistische Partei Deutschlands スパルタクス団などの社会主義的反戦派を中心に1918年末に結成された。早くにルクセンブルク,リープクネヒトらの指導者を失ったが,コミンテルン創設に参加し,20年末独立社会民主党を吸収して大衆政党になった。20年代前半の革命蜂起の試みは失敗した。29年からコミンテルンの指導下に社会民主党(SPD)を主敵とする極左路線をとり,ナチスの拡大に対抗できないまま,ナチ体制下で弾圧された。第二次世界大戦後,東ドイツで創設された社会主義統一党の中核となった。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう