1. ドイツ‐オーストリア同盟(ドイツ‐オーストリアどうめい)

ドイツ‐オーストリア同盟(ドイツ‐オーストリアどうめい)

Zweibund 1878年のベルリン会議の結果,ドイツはロシアと疎遠になり,オーストリアとロシアの関係も悪化したので,三帝同盟は事実上消滅した。そこでビスマルクはオーストリアとの提携を一層強化する必要を認め,翌79年10月この軍事密約を締結し(88年2月公表),両国の一つがロシアから攻撃を受けた場合他の一国は全力をあげてこれを助け,また他の強国に攻撃されたときは,他の一国は少なくとも好意的中立を守ることを約した。この同盟はその後更新されて,1918年まで続いた。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう