1. ヴァロワ朝(ヴァロワちょう)

ヴァロワ朝(ヴァロワちょう)

Valois 1328~1589 カペー朝の男系断絶(1328年)とともにこれを継いだ同家の傍系。初代はフィリップ4世の甥フィリップ6世。同王朝はさらに直系ヴァロワ朝(フィリップ6世からシャルル8世まで),ヴァロワ・オルレアン朝(ルイ12世),ヴァロワ・アングレーム朝(フランソワ1世からアンリ3世まで)に分かれる。百年戦争,イタリア戦争,ユグノー戦争などの戦乱のうちにも,行政機構の整備とともに統一国家の第1段階を形成してブルボン絶対王政を準備し,またフランス・ルネサンスを開化させた。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう