1. 四・一二クーデタ(よんいちにクーデタ)

四・一二クーデタ(よんいちにクーデタ)

1927年4月12日上海で起きた蒋介石(しょうかいせき)による反共クーデタ。上海クーデタともいう。中国国民党は1924年中国共産党と第1次国共合作を行ったが,25年の孫文の死後国民党内にはこれに反対するグループが生まれた。蒋介石もしだいに反共化に転じるなか,27年共産党主導の武漢政府が成立した。武漢政府のもとで大衆運動が激化。漢口,南京とあいついで租界を襲撃,諸外国の武力行使を招く。上海は3月共産党指導下の労働組織上海総工会の武装蜂起によって占領された。そのため国民革命軍は無血入場を果たす。総工会は大規模なゼネストと租界の回収を宣言。これに対して上海の漢口・南京化を恐れた資本家と諸外国および国民党内の反共派は蒋介石にこれを未然に防ぐことを要請。蒋はこれ以上の大衆運動の激化はかえって諸外国の軍事侵攻を増長させると判断し,4月12日未明,総工会各機関を配下の白崇禧(はくすうき)軍に襲撃させ,クーデタに踏み切った。この後,武漢政府と分裂して18日南京国民政府が成立。国共分裂を導くことになった。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう