1. エスキラチェ暴動(エスキラチェぼうどう)

エスキラチェ暴動(エスキラチェぼうどう)

スペインで1766年春に生じた民衆暴動。59年からの不作対策として大蔵大臣エスキラチェが出した穀物取引自由化令は穀物価格を騰貴させ,さらに同大臣が服装取締令を出すと,マドリードで民衆暴動が発生し全国に拡大した。67年にイエズス会士が首謀者として追放されるなど,カルロス3世の啓蒙的諸改革の方針に大きな影響を与えた。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう