1. サルデーニャ王国(サルデーニャおうこく)

サルデーニャ王国(サルデーニャおうこく)

Regno di Sardegna 1720~1861 トリノを首都とする北イタリアの王国。1720年,サヴォイア家がサルデーニャを獲得し,王位を与えられたことによって成立。富国強兵政策により領土を拡大した。ナポレオン期には対仏大同盟に参加するが敗北し,サルデーニャ島を残し半島部の領土をすべて失う。ウィーン会議後,旧領を回復したほか旧ジェノヴァ共和国領を獲得。1848年3月,国王カルロ・アルベルトのもとで憲法を制定して立憲体制となり,その直後に第1次イタリア‐オーストリア戦争を始めるが敗北を喫する。59年に国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のもとで第2次イタリア‐オーストリア戦争を行い,北イタリアを軍事征服。住民投票によって併合を決めた中部,ガリバルディらによって征服された南部をあわせ,61年にイタリア王国を形成した。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう