1. 統監府(とうかんふ)

統監府(とうかんふ)

1905年11月の第2次日韓協約にもとづき,朝鮮のソウルに開設された日本政府の代表機関。朝鮮の外交に関するいっさいの指揮監督のほか,必要に応じて内政をも支配する権限を有し,伊藤博文が初代統監に就任した。 (山川 世界史小辞典(改訂新版), 2011年, 山川出版社)

この記事が気に入ったらいいね!しよう