1. 気持ちから探す
  2. ロマンを感じたいとき
  3. インフォグラフィックで、もういちど読む山川世界史 Vol.02「農耕牧畜の開始」

インフォグラフィックで、もういちど読む山川世界史 Vol.02「農耕牧畜の開始」

種をまいて作物を収穫し、食べるために家畜を育てるーーそれは人類にとっての大きな革命でした。山川出版社のベストセラー「新 もういちど読む 山川世界史」より、「農耕牧畜の開始」の物語をインフォグラフィックで。

農耕・牧畜の開始

人類が農耕や牧畜生活にはいったことは,
自然を積極的に利用して,
自力で食糧生産をはじめたことを意味し,
人類の進歩にとって画期的なことであった。

world02-01.png

最初の農耕・牧畜生活は,
西アジアからはじまった。

world02-02.png

地中海東岸から
北イラク・イラン西部にかけての地域には,
野生の麦類や,
家畜として飼うのに適した
野生のヤギ・羊・豚などが存在した。

world02-03.png

そのため西アジアの人びとは,
この有利な条件を利用して,
前9000年頃から他にさきがけて,
麦の栽培と食肉用の家畜の
飼育を
はじめるようになった。

world02-04.png

また磨製石器とともに
土器や織物をつくり,
土や日干し煉瓦の小屋をたて,
集落を形成した。

world02-05.png

こうした農耕・牧畜とともに
はじまるあたらしい時代を
新石器時代といい,
この大きな変化を新石器革命ともよぶ。

world02-06.png

以来今日まで,
人類の生存は基本的に
農耕・牧畜にささえられてきたのである。

world02-07.png
「新 もういちど読む 山川世界史」P.09-10
「農耕・牧畜の開始」より

インフォグラフィックで、もういちど読む山川世界史

出典

world-shoei.jpg文章はシリーズ累計130万部の『新 もういちど読む 山川世界史』から抜粋。 インフォグラフィックにまとめています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう