1. 哲学
  2. 哲学者たちは世界をさまざまに解釈してきたにすぎない。重要なことは世界を変えることである。

哲学者たちは世界をさまざまに解釈してきたにすぎない。重要なことは世界を変えることである。

ドイツの哲学者・経済学者 マルクス『フォイエルバッハについての11のテーゼ』

みずからは動かず、不平不満ばかり言っている人を見る。傍観者の立場から、あれこれと批評することは簡単である。闘う君を闘わない者が笑うだろう、という歌詞もある。しかし、大事なことはみずからが主体となって活動の中に参加し、人びとと連帯して現実を変えていくことである。パーフェクトな現実などありえない。いろいろな不満もあろう、矛盾もあろう、失敗もあろう、恥もかこう。でも、あなたはその現実を変えるために何をしたのか? そのためにどれだけ汗をかいたのか? そう自分に問いかけてみよう。哲学は生きる人間の営みである。その人間が人生や世界を変える力になってこそ、哲学は生きる。

もういちど読む山川哲学 ことばと用語、7ページ、2015年、山川出版社

この記事が気に入ったらいいね!しよう

編集部おすすめ記事